So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は10日、「BS11デジタル」の番組収録で、参院選の獲得議席目標について「40(議席)台には持っていきたい」と述べた。改選の38議席は上回るものの、過去の参院選で40議席台にとどまった際は「敗北」とされた水準だ。菅内閣発足で民主党の党勢回復が著しいとはいえ、トップの控えめな姿勢は参院選の士気に影響しそうだ。

【特集】参議院選

 谷垣氏はこれまで具体的な議席目標への言及を慎重に避けてきたが、この日は司会者にしつこく問われた。だが、40議席では、非改選の34議席と合わせても選挙後に74議席にとどまり、与党を過半数(122議席)割れに追い込むのは難しい。

 これに先立つ自民党の全議員懇談会で、谷垣氏は「政治生命をかけて戦い抜きたい」と総裁の職をかけて参院選に臨む決意を訴えたものの、肝心の勝敗ラインが低くては盛り上がらない。非改選の若手参院議員は「政治生命をかけると言ってしまった以上、目標は低く、超現実路線ということだろう」と皮肉った。衆院側には「目標としては少ないが、そんなものだろう」と谷垣氏の「安全運転」に理解を示す声すら漏れる。

 その後の記者会見で谷垣氏は参院選を「中間試験」と明言し、「政治生命」発言の意図は一層ぼやけた。同党は10日、「いちばん。」をキャッチコピーにした新しいポスターを発表したが、目標40議席からは第1党を目指す気概は感じられず、間の悪さは否めない。【野原大輔】

【関連ニュース】
◇谷垣総裁 自民:谷垣総裁「政治生命かけ参院選戦う」 全議員懇談会
◇谷垣総裁 衆院選:谷垣氏支援の買収容疑で71歳男逮捕 京都府警
◇谷垣総裁 鳩山首相辞任:自民総裁、衆院解散を要求
◇谷垣総裁 民主党代表選:菅氏選出 自民・谷垣氏「鳩山首相退陣、菅氏にも責任」

AKB48事務所に脅迫文送る=容疑で27歳男逮捕―警視庁(時事通信)
雑記帳 「納涼ビール電車」間もなく発車 愛知・豊橋(毎日新聞)
都内にある会社の夏のボーナス、71万1732円(Business Media 誠)
<梅雨入り>関東は14日か(毎日新聞)
覚せい剤密造、イラン人宅からマニュアル押収(読売新聞)

交番に「拳銃よこせ」=包丁男を逮捕―警視庁(時事通信)

 4日午後11時半ごろ、東京都板橋区栄町の警視庁板橋署養育院前交番に、包丁を持った男が「拳銃をよこせ」と押し入った。勤務中の同署員が警棒で包丁を払い落とし、男を強盗未遂容疑などで現行犯逮捕した。同署員と男にけがはなかった。
 同署によると、逮捕されたのは住所不詳、無職半田勝美容疑者(67)。容疑を認め「拳銃で銀行強盗するつもりだった」と供述しているという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕押収銃器〜ペンシル型拳銃から機関銃まで〜
東京・銀座で整骨院強盗=3人組が18万奪う、けがなし
和歌山のコンビニ強盗でも逮捕=奈良、京都で連続3件の男
トイレで男性拳銃自殺か=アクアラインPAで
改造拳銃11丁を所持=容疑で福岡県警警部補追送検

キャスチングボート確保、民主分裂狙う みんな・渡辺氏(産経新聞)
<訃報>栗原祐幸さん89歳=元防衛庁長官(毎日新聞)
東京選挙区一気に混迷…山田・元杉並区長出馬で(読売新聞)
辺野古移設が不信買う=首相辞任で沖縄知事(時事通信)
<拳銃自殺>白バイ隊員が茨城県警庁舎トイレで 水戸(毎日新聞)

児童相談所の元非常勤職員逮捕=中2少女にみだらな行為―岐阜(時事通信)

 中学2年の少女にみだらな行為をしたとして、岐阜県警岐阜北署と少年課は27日、県青少年健全育成条例違反の疑いで、元県中央子ども相談センター非常勤職員の小池正人容疑者(23)=岐阜市下鵜飼=を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月12日ごろ、当時中学2年だった県内の少女(14)が18歳未満と知りながら、少女の自宅でみだらな行為をした疑い。
 同センターによると、小池容疑者は昨年4月から今年2月まで、正職員の業務補助などを担当。少女は同センターで保護されたことがあり、顔見知りだったという。
 県警などによると、小池容疑者はその後、名前などを登録する携帯電話のプロフィルサイトで、少女の写真や連絡先などを偶然発見。少女を深夜にドライブに連れて行ったことが発覚し、退職していた。 

【関連ニュース】
副士長を懲戒免職=夜行バスで女性触る
4歳男児に虐待容疑、義父を逮捕=奈良県警
三菱東京UFJ行員を逮捕=車内で下半身露出
巡査長が児童買春容疑=書類送検、15歳少女と
女生徒連絡先、捜査資料から入手=わいせつ容疑の警部補

海保に警戒強化指示 前原国交相(産経新聞)
元矢板署長を飲酒運転で逮捕 栃木「実家に行く途中だった」(産経新聞)
<普天間>辺野古移設 またアメとムチ、裏切りに沖縄怒り(毎日新聞)
児童ポルノ画像、発見即遮断…年度内開始へ(読売新聞)
30代男女を逮捕へ=アリコ顧客情報流出絡み―詐欺容疑で警視庁(時事通信)

清水の舞台で“融合”「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(産経新聞)

 歴史的建造物を舞台に、斬新なファッションとアートが融合する展覧会「Eve(イヴ) 菱沼良樹+天野喜孝」(Eve展実行委員会主催)が15日から京都・清水寺の経堂(きょうどう)で始まるのを前に14日、関係者に事前公開された。

 同展は服飾デザイナーの菱沼良樹さんと美術家の天野喜孝さんが共同制作した。天井に墨絵の竜がある重要文化財の経堂に10体のEveを配置。重厚な堂内に白いボディーが浮かび上がり、幻想的な空間が現れた。6月6日まで。

【関連記事】
クジラ育む南の島々 小笠原諸島・父島 
ノルウェー・トロムソのオーロラ 天空覆う神秘のカーテン
突然変異の「かわいい悪魔」 長野県辰野町・シダレグリ
愛媛県新居浜市・別子銅山 人気上昇「東洋のマチュピチュ」
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」

若葉の季節も魅力満喫 奈良・吉野「歌藤」(産経新聞)
「医療の質」事業への参加団体を募集―厚労省(医療介護CBニュース)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
空自技官、勤務中に現金収受=収賄容疑で基地捜索−北海道警(時事通信)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)

「重大な思い、変わらぬ」=社民党首(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)は6日午前のTBSテレビの番組で、鳩山由紀夫首相が沖縄県を訪問して米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を県内に移設する考えを示したことに関し「重大な思いは変わらない」と述べ、政府が県内移設を決めた場合は連立離脱も辞さない姿勢を強調した。
 ただ、福島氏は「今大事なことは連立を離脱するかではない。今は(政府の方針を)変えるべく、全力を挙げるべき時だ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察審、小沢氏「起訴相当」を議決〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

高障機構の業務委託、12道県で認可せず―雇用開発協会の不適切経理で厚労相方針(医療介護CBニュース)
介護マンション詐欺容疑、会社社長ら聴取(読売新聞)
入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う−栃木(時事通信)
<女性遺体>死因はくも膜下出血 殴られたような傷 横浜(毎日新聞)
<雑記帳>「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)

「再生医療製品」の迅速な実用化で議論開始―厚労省(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は4月20日、「再生医療における制度的枠組みに関する検討会」の今年度初会合を開いた。今年度の同検討会では、現行の薬事法で規制の対象になっている、研究者や企業など医師以外が細胞を加工した「再生医療製品」の迅速な実用化のために最適な制度的枠組みについて議論する。

 医療機関が患者から採取した細胞を、別の医療機関で培養・加工して診療に用いても、薬事規制の対象にはならない。しかし、医師以外が細胞を加工した再生医療製品は、現行の薬事法では規制の対象で、診療に用いるには個別に承認が必要になる。

 事務局側は会合で、再生医療製品には、期待通りの効果を発揮するか、有害事象が発現しないかなどの「製品そのものの有効性・安全性に関するリスク」や、培養の際に用いる血清による感染などの「処理工程に付随するリスク」などがあると指摘。一方で、先端技術の早期実用化や、質の高い再生医療製品の承認の迅速化などの「社会的要請」があるとの認識を示した。
 このため同検討会では、再生医療製品に内在するリスクをコントロールしつつ、質の高い再生医療製品を迅速に提供するために最適な規制制度を、現行の法規制にとらわれずに検討する。具体的な論点は、▽研究者やベンチャー企業などに対する助言・相談体制▽確認申請の必要性の有無、改善策▽審査の迅速化・質の向上、評価の指針の明確化―など。

 これに対して委員からは、「患者のリスクとベネフィットのバランスをどう取るかを議論する必要がある」「(再生医療製品を使用せず)治療の機会を損なうことも、リスクファクターであるという認識が必要だ」との指摘があった。

 同検討会は今後、2か月に1回のペースで開かれ、年度内に一定の結論を出す。


【関連記事】
再生医療、一定の評価なら「速やかな保険導入」必要
「再生・細胞医療の共同診療」報告書取りまとめへ議論
培養皮膚採用率、20年には従来法を逆転―富士経済
再生医療の共同診療の要件で議論
再生医療、複数の機関で共同提供へ―厚労省が検討会

<冷え込み>関東中心に冬の寒さ 4月末まで低温傾向続く(毎日新聞)
羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
留置場から携帯で通話=署員気付かず、少年持ち込む? −三重県警(時事通信)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
皇太子さま、奈良入り=復元大極殿を視察(時事通信)

来月15日、鹿児島入り=徳之島案実現へ検討−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が5月15日に鹿児島県を訪問する方向で日程を調整していることが21日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が検討している鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転について、地元の理解を得るのが目的だ。ただ、地元の反対姿勢は強く、鹿児島入りが実現するかは流動的な部分もある。
 平野博文官房長官は21日の記者会見で「日米安全保障の中で沖縄県民の危険性を除去することは国民全体のものとご理解いただきたいと、首相はメッセージを出す」と述べ、首相が移設候補地の住民らに受け入れを直接要請するとの見通しを示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

1300年前の皇族の暮らし再現 平城宮跡資料館24日公開(産経新聞)
【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)
普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)
客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)
明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)

【from Editor】子ども手当に学割精神を(産経新聞)

 昨春から大学院に通っている友人がいる。長年、高校教師をしていたが、教育委員会から再勉強の機会を与えられたのだ。

 五十の手習いともなれば、さすがに物覚えが悪くて苦労しているという。疲れ果てた頭を休める週末の息抜きは好きな映画。「学割が利くからな。鉄道旅行も楽しんでるわ」と笑う。その年齢で、とちょっとずるい気もするが、世の中は随分と寛容らしい。

 この学割なるもの、目的はいろいろとあるらしい。経済力の低い学生に教育と学習機会を提供する−が第一義だが、提供する側にも長期的な顧客確保の第一歩になるうえ、価格の弾力性でまとまった需要を生む効果があるという。

 私が好きな「学割精神」は30年以上前、大阪大学の古い教授に聞いた話である。

 今は大阪府吹田市にある阪大がまだ大阪市内の中之島にあったころ、近くの会社の社員食堂が安くてうまいと評判だった。昼休み前から学生たちが殺到し、品切れになって肝心の社員たちの口に入らないことが増えた。総務に苦情が殺到し、関係者以外立ち入り禁止にしたら、事情を知った社長が怒り出したという。

 「君らは何考えているんや。相手は大学生。それも阪大生やぞ。将来、あそこから銀行の頭取が出るかもしれんやないか。大事な取引先の社長になるかもしれんやないか。それが食い物の恨みで、うちと取引してくれんかったらどうするんや。それを思えば、めしぐらい安いもんや。好きなだけ食わしたれ」

 つまりは先行投資。温かく育ててやれば、お返しをしてくれることもあるかもしれぬという話である。押しつけがましさがなくて、この逸話は気に入っている。その会社は今や、世界でも名の通る食品会社に成長している。

 さて今春から、全国規模の学割のような新制度がスタートする。鳩山政権の目玉政策、子ども手当である。中学生以下の子供に月1万3千円、年にして15万6千円が支給される。高校の無償化も始まる。こうした子供対策に3兆円以上が使われる。これが生きた投資になるかどうかは、子供たちがしっかり勉強して、社会や経済を引っ張る大人、良き納税者に育つか否かにかかっている。

 子ども手当は、大人の期待のかかった贈り物。決して無償の愛ではない。その意味合いだけはしっかりと子供たちに、教えたいものである。(大阪編集長 安本寿久)

中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)
温暖化対策、すれ違い=中国副主任と会談−外相・経産相(時事通信)
<桜植樹>南京に5年で千本達成 名古屋の民間グループ(毎日新聞)
竹島周辺海域の地質調査、韓国に中止を要求(読売新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)

鳩山政権「命続くかどうか」=普天間、県外移設を疑問視−渡部氏(時事通信)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は14日、都内で講演し、鳩山政権について「誕生から7カ月。あのとき大したもんだと思い出すことより、しなければよかったと思うことばかりで、今、政局を迎えている。これから褒めてもらっても命が続くかどうか」と述べ、先行きに強い懸念を示した。
 渡部氏はまた、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に触れ、「政権が代わったから(自民党政権での合意は)パーということになったら、国際政治は成り立たない。(日米で合意した移設先を)全然別なところに持っていけると考えていた人たちが間違いだ」と述べ、昨年の衆院選で県外移設を目指すとした鳩山由紀夫首相の判断は誤りとの認識を示した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

法相、社団法人調査を指示 無利子融資問題で(産経新聞)
<内職商法詐欺>5容疑者を再逮捕…千葉県警など(毎日新聞)
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選(産経新聞)
<日光市長選>現職の斎藤氏が再選 栃木(毎日新聞)
立体駐車場4階から車転落、車内の2人重体(読売新聞)

足立区で一時停電、2700世帯に影響(産経新聞)

 9日午後1時25分ごろ、東京都足立区の入谷、舎人、舎人公園の3地区で停電があった。東京電力によると、原因は調査中。約2700世帯に影響し、約1時間後に復旧した。停電の影響によるけが人などはいないという。

 警視庁によると、把握している範囲で、停電の影響により区内の都道7カ所の信号機が消えたが、うち6カ所は約1分後に復旧。残り1カ所も間もなく復旧した。

【関連記事】
「がれきの下の医療」救命医しのび追悼集会 脱線事故の30人
川端文科相「小学校の管理体制に不備」 鹿児島の小3男児転落事故 
高齢者登山、過信は命取り
緊急走行中のパトカーがトラックと衝突、警官2人がけが
常磐道引きずり死事故 水戸地検が控訴
「中国内陸部の資源事情とは…?」

「荒川決壊なら死者3500人」(産経新聞)
遮断棒折れ 阪和線遅れる(産経新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)
「草刈り担当ヤギ」が出産=那覇市〔地域〕(時事通信)
浅田真央、高橋大輔選手ら春の園遊会に(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。